FX投資で得られる利益は課税対象なのでしょうか?FXで儲けてやろうと思って始めたときには、税金のことまで考えていない場合が多いものです。

FX投資がもたらす利益は税制上、「雑所得」とみなされます。

一年間の雑所得の合計が20万円以下だとしたら、課税対象とはなりませんが、合計の雑所得が20万円より多い場合には、確定申告をする必要があります。

税金を払わないと脱税とみなされます。バレないだろうと申告せずに逃れていると、突然税務調査が入り、何年も遡って追徴金を課せられることもあります。

しかし、税金がかからない程度にしかFXで儲けられないのであれば、やらない方が良いのかもしれませんね。

FX投資で税金がかかってくるのなら、儲かっているということなので、損はしてないですが、外国為替証拠金取引投資での予測が外れ続けると、その資金の減少分を補てんするために際限なくお金を使ってしまう人もたくさんいます。

そうすると、大きく損をする可能性があるので、FXの口座には当面の間必要でないお金を入れないことです。

なぜかというと、口座に貯蓄している資金も入金してしまうと、まだ勝負できると思って投入する予定のなかった資金まで投入してしまう可能性があるからです。

FXは投資ですが、ギャンブル性が高いとも言われており、負けを取り戻そうとして負のスパイラルに落ち込んでしまうリスクがあります。
そうなると、日常の生活費にも困るようになり、借金することになるかもしれません。

また、利益が出ていても税金分を残していなかったりすると、翌年の税金支払いに充てるお金がなく、借金してしまうことになるかもしれません。

FX投資を始めるなら、最初から収支をきちんと付けておくことも大事ですね。そうしておかなければ、取引の回数が膨大になるので、確定申告のときに苦労することになります。

収支をきちんと付けていれば、際限なく投資してしまうリスクも防げますし、税金分のお金を残しておくことにも気づくでしょう。

確定申告の時期になって慌てないようにしたいものです。