お金の管理

お金の管理についてあれこれ!

メニュー 閉じる

作者別: mon (1ページ / 3ページ)

FX投資の利益は課税対象?!

FX投資で得られる利益は課税対象なのでしょうか?FXで儲けてやろうと思って始めたときには、税金のことまで考えていない場合が多いものです。

FX投資がもたらす利益は税制上、「雑所得」とみなされます。

一年間の雑所得の合計が20万円以下だとしたら、課税対象とはなりませんが、合計の雑所得が20万円より多い場合には、確定申告をする必要があります。

税金を払わないと脱税とみなされます。バレないだろうと申告せずに逃れていると、突然税務調査が入り、何年も遡って追徴金を課せられることもあります。

しかし、税金がかからない程度にしかFXで儲けられないのであれば、やらない方が良いのかもしれませんね。

FX投資で税金がかかってくるのなら、儲かっているということなので、損はしてないですが、外国為替証拠金取引投資での予測が外れ続けると、その資金の減少分を補てんするために際限なくお金を使ってしまう人もたくさんいます。

そうすると、大きく損をする可能性があるので、FXの口座には当面の間必要でないお金を入れないことです。

なぜかというと、口座に貯蓄している資金も入金してしまうと、まだ勝負できると思って投入する予定のなかった資金まで投入してしまう可能性があるからです。

FXは投資ですが、ギャンブル性が高いとも言われており、負けを取り戻そうとして負のスパイラルに落ち込んでしまうリスクがあります。
そうなると、日常の生活費にも困るようになり、借金することになるかもしれません。

また、利益が出ていても税金分を残していなかったりすると、翌年の税金支払いに充てるお金がなく、借金してしまうことになるかもしれません。

FX投資を始めるなら、最初から収支をきちんと付けておくことも大事ですね。そうしておかなければ、取引の回数が膨大になるので、確定申告のときに苦労することになります。

収支をきちんと付けていれば、際限なく投資してしまうリスクも防げますし、税金分のお金を残しておくことにも気づくでしょう。

確定申告の時期になって慌てないようにしたいものです。

キャッシングをWEB完結で済ませられるので便利になりました

キャッシングをWEB完結で済ませられることを知っていますか?

いかなる業者もネットを通した手続きだけで終えられるとはいえませんが、名前を聞いたことのあるような業者ならばだいたい対応しています。

部屋でくつろぎながらお金が借りられるとは、負担がいっきになくなります。

金融機関によっては借りられる限度額が違っていて、小口や即日の融資だけでなく、300万円や500万円といった額が大きめの融資も受けることができるのです。

申し込みから融資までの時間が短く、すぐにお金を手にすることができますから、とても便利に利用できます。

カードを利用することで借りるというのが普通でしょう。

お金の借り入れや返済を短時間ですぐにできるので、ここぞというときに助かりますね。

しかし、キャッシングを使って貸付してもらう前に、キャッシング業者をそれぞれ比べてみることで、よく考えて選んだほうがいいでしょう。

一番大切なことは金利ですが、それだけでなく、お金を返す手段や延滞してしまった時の遅延損害金なども調べるようにしましょう。

近ごろは、初めて利用する人に限り、ある期間であれば金利が0のところも出てきているので、キャッシングをする前にしっかりと確認するとよいでしょう。

また、近年では、キャッシング後の返済の方法はそのキャッシング業者によるでしょうが、ATMによる返済であったり、振り込みによる返済、口座引き落としなどのやり方が、代表的でしょう。

一昔前は、貸金業者の店舗に来店して支払っていましたから、お店に入るところを知り合いに見られたくないなど、余計な気を遣うこともあったでしょう。

その当時から比べると、ATMで返済できるのは誰にも知られずにできるので、楽になったと言えるでしょう。

 

口座引き落としなら、もっと便利ですね。

ただ、口座引き落としを利用するならば、うっかり返済し忘れることがなく確実ですが、返済分を口座に残しておくように気をつけておかないと、延滞状態になることは避けられません。

延滞を繰り返していると信用情報にキズが付いてしまうので、うっかり残高不足で引き落としができなかったなどということがないように注意が必要ですね。

また、ATMで借入できる便利さから、まるで自分の預金を引き出す感覚になりやすいことにも注意が必要です。

便利になった分、自己管理がとても大切になってきたとも言えます。

もし、自分はお金の管理が甘いと感じているなら、キャッシングに手を出さない方が良いでしょう。

クレジットカードを作ったとしても、キャッシング機能を付けなければ良いだけのことです。あると、ついつい借りてしまうこともあるので、その機会をなくしておく方が賢明ではないでしょうか。

そもそも、銀行融資より金利が高いですから、どうしても借金が必要になったときは、銀行系がおすすめです。

 

債権調査票を基に債務整理が進む

債権調査票というのは、債務整理をする時に、どこからお金をどれくらい借りているのかをはっきりとさせるための文書です。

お金を借りている会社に依頼するともらうことができます。

ヤミ金だと、対応してもらえないこともありますが、そんな際には、書面を自分で用意すれば大丈夫です。

いずれにせよ、弁護士や司法書士に依頼すれば、債権調査票は作成してもらえますから、どこから借りているかさえ漏れなく拾っておけば大丈夫です。

債権調査票を基に、どんな方法で債務整理できるかを検討することになります。

債務整理にも様々な方法があり、最後の手段と言われるのが自己破産という方法です。

自己破産というのは、借金を返すのがもう明らかに無理だということを裁判所から理解してもらい、法律上で、借金を免除してもらえる方法です。

自己破産すると借金が帳消しになるので、負担が減りますが、最終手段と言われるだけあって、リスクも大きいことは確かです。

生活を営んでいく時に、最低限、要する財産以外のものは、何もかも失うことになります。

日本国民である以上は、誰もが自己破産ができますが、債務状況によっては別の方法を勧められるでしょう。

あと、債務者と債権者の間で借金を整理すると連帯保証人となった人にしわ寄せがいくという事実をわかっているでしょうか。

自分自身で支払う必要がないという事は連帯保証人が代わって返済するという事になるのです。

ですので、それを十分理解した上で債務整理するべきだと感じますね。

しかし、借金で首がまわらなくなり、どうしようもなくなった時は弁護士や司法書士に助けを求めましょう。

これ以上は返すあてもないという場合は自己破産という手段を選べます。

数年、日本を出国できなくなるなどの制限をうけますが、借金はチャラになります。

自己破産は、特に資産を持っていない人では、簡単な手続きで、終えられますが、弁護士に頼まないと自ら手続きをするのはかなり厳しいです。

自己破産で発生する費用は平均すると、総額20~80万円ほどと高いですが、この費用は借金であてることができませんので、きちんと手元に持った上で相談したほうが良いです。

© 2018 お金の管理. All rights reserved.

テーマの著者 Anders Norén.